2019年度情報科学実験I / 情報科学演習I

2019年度前期

情報科学実験I

本実験の目的と評価方法

河畑担当分(全5回)では,OCamlにおける抽象データ型について理解し,自身で使えるようになることを目的とする.3回のレポート課題で総合的に判断する.レポートはLaTeXにより作成し,PDFとして,各々の実験終了後1週間以内までにLETUSに提出すること.(ファイル名の例:学籍番号_氏名 (ローマ字)_2is_20190531.pdf, 000000000_Norifumi_Kawabata_2is_20190531.pdf のように記す)

実験計画

実験ポータル(学内のみ閲覧可)

通算回 日付 テーマ
第1回 5月31日(金) なぜOCamlを学ぶのか,抽象データ型の基礎(スタック,ストラクチャ),小レポート1
第2回 6月 5日(水) 抽象データ型の基礎(レコード,ヴァリアント,多相的ヴァリアント,OCamlC)
第3回 6月 7日(金) 抽象データ型の基礎(シグニチャ (1)),抽象データ型キュー・2分木(キュー),小レポート2
第4回 6月12日(水) 抽象データ型の基礎(シグニチャ (2),ファンクタ (1)),抽象データ型キュー・2分木(2分木)
第5回 6月14日(金) 抽象データ型の基礎(ファンクタ (2))抽象データ型2分探索木(2分探索木等の様々な抽象データ型),最終レポート

LaTeXサンプル

サンプル (TeX) サンプル (PDF)

2019年度後期

情報科学演習I

本演習の目的と評価方法

河畑担当分(全8回)では,Javaにおける基礎内容について理解し,自身で使えるようになることを目的とする.説明70~80分+演習60~70分という形で行う.毎回の演習内でのLETUSへの課題提出により,総合的に判断する.レポートはLaTeXまたはMicrosoft Wordにより作成し,プログラムと実行結果を示した PDF として,LETUSに提出すること(各々の演習時間内に提出するのが望ましいが,演習終了後1週間までは提出を認める).(ファイル名の例:学籍番号_氏名 (ローマ字)_2is_20190925.pdf, 000000000_Norifumi_Kawabata_2is_20190925.pdf のように記す)
演習課題は演習中に提示する.

演習計画

実験・演習ポータル(学内のみ閲覧可)

通算回 日付 テーマ
第1回 9月13日(金) Java基礎第1回(Javaとは,変数)
第2回 9月18日(水) Java基礎第2回(プログラムの流れの分岐,繰返し)
第3回 9月20日(金) Java基礎第3回(基本型と演算,配列)
第4回 9月25日(水) Java基礎第4回(メソッド,クラスの基本)
第5回 9月27日(金) Java基礎第5回(日付クラスの作成,クラス変数とクラスメソッド)
第6回 10月 2日(水) Java基礎第6回(パッケージ,クラスの派生と多相性)
第7回 10月 4日(金) Java基礎第7回(抽象クラス,インタフェース)
第8回 10月 9日(水) Java基礎第8回(Windowの表示と描画,文字と文字列,例外処理)